投稿日:

多汗症に使われる漢方薬の種類・働きについて

多感症を緩和させる対策は、制汗剤を利用したり、生活習慣を改善することが一般的ですよね。

実はあまり知られていませんが、漢方薬を服用するのも多汗症対策で有効です。

近年ではダイエットやアルツハイマーへの効果が注目されたこともあり、漢方薬はブームとなくているともいえます。

漢方薬の歴史は非常に長く、すでに2000年ともいわれています。
こんなにも長い歴史があるのにも変わらず、いまいち効き目が感じられなかったり、おまじない的な要素としてイメージされることも多く軽視されてきました。

しかし漢方薬は、上手に活用することで効果が期待できます。ここでは、多汗症の方におすすめの漢方薬を紹介します。

多汗症に使われる漢方薬の種類

多汗症に用いられる漢方薬の種類は複数あります。

一つ目は「柴胡桂枝乾姜湯」があげられます。

体がポカポカとして汗がどっと出てきたり、ホルモンの調子が乱れて貧血をおこしたり、心臓の鼓動を穏やかに抑える作用があります。

体力のない人でも使うことができ、更年期障害による多汗症の治療としても使用されることが多く見られます。

貧血の症状がある人も、血行を良くすることができ、その改善に期待ができます。

次に紹介するのは「柴胡加竜骨牡蛎湯」です。

「柴胡桂枝乾姜湯」と同じような名前ですが、入っている生薬が一部同じであるため名前が似ているということになります。

人前で発表や発言をする場面などで緊張して汗が出る人に向け、その症状を緩和することに期待ができます。

緊張することで汗が大量に出てしまう人に処方されるケースが多く見られます。この薬は比較的体力があり、胃腸が丈夫な人に処方されます。

最後に紹介するのは「黄連解毒湯」です。血圧が高くてのぼせるような人向けの漢方薬です。

多汗症にももちろん効果は期待できますが、イライラすることが多い人や頭痛のある人、不眠の緩和などにも用いられることが多く見られます。

体力があり、暑がりの人には効果が期待できるでしょう。

投稿日:

大豆イソフラボンで多汗症の症状を和らげよう!

多汗症は、普段の食生活によって悪化する場合があります。

まず、多汗症を悪化させる食べ物の代表は「刺激の強い食材」です。

例えば、とうがらしが使われた辛いものや、ニラや玉ねぎがたくさん使われたメニューです。
さらに、コーヒーや紅茶などのカフェインが多く含まれた飲み物も多汗症を悪化させる要因になります。

これらの食べ物が好きな人も多いかもしれませんが、こういった刺激の強い食べ物は交感神経を刺激し、その働きを活発にします。

交感神経の働きが活発になると汗腺の働きも活発になるため、結果的に多汗症の症状を悪化させてしまいます。

他にも、脂肪分が多い食べ物にも注意が必要です。

脂肪分が多いものを好んで食べていると、運動を行うなど注意をしていない限り肥満体に近づいてしまいます。
そうなると、細身の人よりさらに汗をかきやすくなってしまうため、症状の悪化にも繋がります。

また、動物性脂肪を多く含む肉類を食べると、体温の上昇に繋がるため、汗をかきやすくなります。

多汗症にはイソフラボンとハーブが有効!

一方、多汗症を改善する食べ物として、豆腐や豆乳などの大豆製品が挙げられます。

これらの大豆製品に含まれるイソフラボンには、交感神経の働きを抑制する働きがあるため、汗を抑える効果が期待できます。

しかし、大豆製品の食べ過ぎは下痢や貧血など、体に不調をきたすことにもなりかねないため、ほどほどに摂取することがおすすめです。

ハーブ類は、多汗症の症状を改善するために効果的です。

ラベンダーやジャスミンなど、良い匂いハーブはたくさんあり、ハーブティーなどで気軽に楽しむことができます。
これらのハーブ類には、リラックス効果があります。

副交感神経はリラックスすることで働きが活発になるため、結果的に多汗症の症状の改善効果を期待することができます。

また、体が熱いと当然汗の量も増えるため、体の内側から熱を冷ましてくれる「きゅうり」や「茄子」などの野菜もおすすめです。
毎日の食卓に適度に取り入れてみてはどうでしょうか?

投稿日:

ワキガクリームの選び方!迷ったら「ノアンデ」で決まり!

ワキガ対策としてクリームを活用している人は少なくありませんが、思うような防臭効果が得られずに悩んでいる人もいるようです。

効果の高いワキガ用クリームを探しているなら、「殺菌性」「保湿力」「持続性」「無香料」の4点を念頭に置いた上で選ぶようにしましょう。

「殺菌力」と「保湿力」はワキガの症状緩和に不可欠

ワキガの原因は、アポクリン汗腺から分泌される汗ではなく、それに含まれるタンパク質を養分として雑菌が繁殖してしまうためです。

殺菌作用がなく防臭効果のみのクリームでは雑菌を減らすことができません。
むしろクリームがその養分となってしまうリスクさえあるのです。

また、アポクリン汗腺は脇の下が乾燥してくると、肌を保護するために汗を分泌して適度な湿度を保とうとします。

ですから、ワキガ用のクリームを選ぶときには、殺菌力と保湿力が高いクリームを選ぶことが大切です。

きちんとした保湿が行われることでアポクリン汗腺からの分泌量を抑制することができ、結果としてワキガの症状を抑えることができるわけです。

防臭効果の持続性が高いクリームを選ぼう

クリームの効果が短時間しか持続しないことに、不満を感じている利用者は少なくありません。

「塗布してから1時間くらいでワキガの匂いがしてきた」「少し汗をかいたら効果がなくなってしまった」というケースもあるほどです。

効果が弱くなったらその度に塗り直す必要があるため、大切な時間が取られてしまうだけでなく、コストパフォーマンスも悪くなります。

ですから、べた塗りする必要がなく、効果が長時間持続するクリームであることも選択基準になります。

さらに、無香料タイプのクリームを選ぶことも大切です。
防臭効果の弱いにおい付きクリームを使用すると、ワキガの匂いと混ざってかなりの悪臭を放ってしまう恐れがあるからです。

防臭効果が長く続くだけでなく、無香料のクリームを選ぶようにしましょう。

ワキガクリーム選びは「ノアンデ」がおすすめ!

ワキガクリームを多くの商品が市販されているため、なかなか選ぶことが難しいかもしれません。

もし、商品選びで困っているなら、殺菌力の高さに定評があるワキガクリーム「ノアンデ」がおすすめです。

汗でクリームが落ちにくいため、長時間効果が持続するだけでなく、添加物も入っていません。無香料なので、ニオイが気にならないことも魅力です。

もし、ノアンデに興味があるなら、こちらのサイトの体験談と口コミをチェックしてみてください。

参考:http://noande-kutikomi.net/

投稿日:

ワキガの手術には2つの種類がある!リスクが少ない手術法は?

制汗剤やクリームを使ってもワキガの症状が改善しない場合、多くの人が「手術による治療」を選択します。

ワキガの手術は「直視化手術」と「非直視化手術」の2つに大別されており、それぞれにメリット・デメリットがあります。

直視化手術は症状が改善する割合が高い

直視化手術とは、文字通り施術する医師が皮膚の状態を確認しながら、ワキガの原因であるアポクリン汗腺を1つずつ除去していく手術法です。

わきの下を3cmから5cm程度切開して、皮膚を裏返してから汗腺の除去を行っていきます。

1つ1つを確認しながら行うので、ほぼ確実にすべてのアポクリン汗腺を除去することができるというメリットがあります。
大半のケースで健康保険の適用が可能であることも魅力でしょう。

ただし、切開時の傷が1本ないし2本残ってしまうデメリットもあります。

また、術後1週間前後は脇をきちんと固定しておく必要があるため、仕事に支障をきたす場合があります。
加えて、両脇を同時に手術する場合には、2、3日の入院が必要となります。

非直視化手術のメリット・デメリット

非直視化手術のメリットは「選択肢の多さ」と「手術痕が小さいこと」の2つです。

非直視化手術には「皮下組織吸引法」や「シェービング法」など複数の術式があるので、患者はそれぞれの術式が持つ特徴やデメリットなどをじっくり考慮した上で選択することが可能です。

代表的な「皮下組織吸引法」は、皮膚を1cm程度切開し、そこに医療チューブを挿入して汗腺を吸引するという手術法です。

手術痕がとても小さく、また汗腺だけでなく皮脂腺も除去できるというメリットがあります。
ただし、アポクリン汗腺が多少残ってしまう、というリスクはあります。

「シェービング法」は、1cm程度切開した場所から回転式のマイクロチップを挿入し、汗腺を破壊するというものです。
どんな手術か気になるなら、こちらの動画をチェックしてみてください。

参考:わきが手術マイクロシェービング法(youtube)

こちらの術式も手術痕が小さく、回復が早いというメリットがあります。

とはいえ、アポクリン汗腺が残ってしまうというリスクがあり、一時的に症状が改善したとしても、やがて再発する可能性があります。

投稿日:

手術の前に試すべき多汗症のセルフケアとは?

多汗症の治療方法として手術は一つの手段です。

しかし、なかなか手術にまで踏み切れないという人や、自分の力で何とか改善したいと考える人も多いのではないでしょうか。

そんなとき、まずは自分で行えるセルフケアを試してみることがおすすめです。

精神ストレスを解消する

まず、多汗症の主な原因として挙げられるものが精神的ストレスです。

緊張したり、人前に出ると汗が止まらないという場合は、精神的なストレスが影響しています。

そのため、まずは自分がストレスだと感じる出来事は何か考え、できる限りそれを回避することが多汗症の症状緩和に繋がることがあります。

しかし、ストレスの原因となっていることをどうしても回避することができないという場合も多いかもしれません。

そんな時は日頃から溜めたストレスをすぐに発散するように、ストレス解消に励むことがおすすめです。

ストレス解消の方法は人によってさまざまですが、例えば軽い運動は気分転換にもなりますし、日頃から汗をかく習慣をつけることによって汗の臭いを軽減することも可能です。

多汗症が悪化する要因である、肥満の解消にも役立つので、運動を習慣にしましょう。

生活習慣とワキガケア

入浴の際はシャワーだけでなく、湯船にしっかりと浸かることが大切です。
半身浴などを行うことで良質な汗をかくことができ、自律神経のバランスを整えることができます。

また、外出先で大量の汗が出ないか心配な場合、汗をしっかりと吸収するインナーを着用して外出したり、デオドラント剤などを使用することがおすすめです。

インナーは、通気性の良いものにすることで内側にニオイがこもることを防止することができますし、汗の量を減らすことができるデオドラント剤なども販売されています。

他にも食生活に気をつけたりすることも効果的ですが、運動にせよ食生活にせよ、一朝一夕で効果が現れるわけではありません。

そのため、常日頃から生活習慣には気をつけながら、インナーやデオドラント剤などを活用することがおすすめです。

投稿日:

自分でできるワキガ対策!日頃の準備が大切です

ワキガで悩んでいる人の多くは、体を清潔にしたりサプリメントを飲んだりして、症状を緩和するための努力を行っています。

とはいえ、注意を払っていたにも関わらず、仕事や外出中に突然匂いがしてくるということは起こり得ます。

そうした時の対処法としては、「脇をきれいにするための準備」が最大のポイントとなるでしょう。

脇をケアするグッズをいつも携帯しておこう

「匂いがしてきたな」と思ったら、すぐにお手洗いへ行って除菌シートなどで脇を洗いましょう。

きれいにふき取った後で、保湿性の高いワキガ用のクリームを塗布しておくと安心です。

もしクリームがない場合には、塩化アンモニウムを配合したデオドラントスプレーを使いましょう。
塩化アンモニウムは汗腺をふさぐことで汗の分泌を抑える働きがあります。

どちらもない場合には、トイレの洗面台に設置されている速乾性の除菌ジェルを活用しましょう。
塗布してから30秒から1分程度で綺麗に乾いてくれるはずです。

肌着の替えも用意する

脇をきれいにしたなら、肌着も忘れずにチェックしておきましょう。
もし肌着に黄色っぽいしみができているなら、脇をきれいにしても匂いが続く可能性があります。ですから、肌着も交換しておくと安心でしょう。

脇毛はワキガの原因菌が繁殖する「巣」となる場所です。

ですから、ワキガの症状があまりにもひどく匂いが緩和できないという場合には、短く刈りそろえるか、もしくは剃ってしまうことをお勧めします。

中には永久脱毛の処理をしてしまう人もいます。
そうすることで、除菌シートを使った脇のケアもよりスピーディーに行うことができるようになるでしょう。

通気性の良い服を着ることも大切

ワキガの匂いは脇の通気性が悪くなると一気に強くなります。
ですから、可能であれば日ごろから通気性の良い服を着るように心がけましょう。

また、脇汗パッドなどを活用して脇を清潔な状態に保つのも良い方法です。

最近では、除菌効果や消臭・防臭効果を持たせた商品も数多く発売されているので、湿気の多い季節や暑い夏場などにはぜひ活用しましょう。

体臭サプリメントの活用も!

もし、身体の中から体臭やワキガ臭をケアしたいなら、体臭サプリメントの利用も検討しましょう。

普段の食生活や腸内環境の悪化などが原因で、臭いが強くなってしまうこともあるからです。
特に女性の場合、便秘が大きな原因になりがちなので、気をつけましょう。

体臭サプリメントが気になるなら、こちらのサイトが参考になりますよ。

参考:http://taisyuu30.com/

投稿日:

多汗症の主な2つの種類とは?病気の可能性があるかも

多汗症とは、暑かったり激しい運動をしたわけでもないのに、多くの汗が出てしまう症状のことです。

ただの汗をかきやすい体質と思われがちな症状ですが、暑いときや運動をした後に体温調節として汗が出るわけではありません。
緊張した場面や興奮した状態のときに、汗がたくさん出る精神的な発汗です。

普段からたくさんの汗をかいてしまうので、日常生活や仕事において支障をきたすなど、生活の質が著しく損なわれてしまうため、この症状が出る人は非常に悩むものです。

多汗症の2つの種類

多汗症には大きく分けて2種類の症状があります。

局所性多汗症

まず1つめが「局所性多汗症」と呼ばれるものです。これはその名前の通り、特定の部分だけに汗が出る症状を指します。

よく見られるケースとしては、手のひらや足の裏、頭、脇、背中などが挙げられます。

また、1カ所だけではなく、複数の場所に同時に汗をかくということもあります。
特に手のひらと足の裏は関係があるとされていて、同時に発汗しているケースも多く見られます。

全身性多汗症

2つめが「全身性多汗症」と呼ばれるものです。

これは遺伝や病気が原因で引き起こされるともいわれていますが、はっきりとした原因は分かっていません。
症状としては胸や背中、おなかやおしり、太ももなどの全身に汗が出ます。

全身性多汗症が関係している病気としては、いくつかの病気が考えられます。

まずは甲状腺機能亢進症です。
甲状腺の機能が活発になりすぎて、甲状腺ホルモンが過剰に分泌されて全身の代謝が高まり、汗が出やすい状態となります。

そして、糖尿病の合併症の一つに、糖尿病神経障害と呼ばれるものがあります。
自律神経が乱れて、全身に汗をかきやすくなります。自律神経失調症も考えられます。

ストレスや過労が原因で自律神経が乱れ、汗が出やすくなる場合があります。そのほかにも更年期障害や結核なども多汗症を引き起こす可能性があります。

投稿日:

ワキガ対策に役立つ入浴法と臭いを減らす洗い方

 

ワキガの症状を改善するポイントは、入浴の時間を有効に活用することです。

特に、脇の洗い方に関しては注意すべきポイントが2つあります。
1つ目は「ゴシゴシ洗いをしないこと」、2つ目は「石鹸を良く泡立てて洗うこと」です。

ゴシゴシ洗いではなく、泡で洗うことを心がけよう

脇に残った古い皮脂は、ワキガの原因菌が繁殖する原因となります。

とはいえ、アカスリ用タオルなどでゴシゴシ洗ってしまうと、肌表面には肌を保護するために必要な皮脂も残らなくなってしまいます。
そうすると、脳は肌を保護するために皮脂の産生量を急激に増やします。

その結果、せっかく一生懸命脇を洗っても、ワキガの症状は改善するどころか、悪化する可能性が高くなるのです。

ですから、目の粗いタオルやアカスリ用タオルで脇をごしごしこすって洗うことは避けましょう。

不必要に肌を傷つけないために、石鹸をよく泡立てたら、その泡を使って柔らかいタオルで脇を洗うようにしましょう。

匂いや汚れが気になる部分に泡を付けたら、洗浄成分がしみ込むまで数分待つのがポイントです。

また、泡をすべてきれいに洗い流すことも忘れないようにしましょう。

ワキガの原因菌の1つとして知られる「黄色ブドウ球菌」は、石鹸の泡に含まれる洗浄成分の残りカスを養分とすることもあります。
シャワーを使って、隅々まできれいに洗い流すよう心がけてください。

できるだけ長くお湯に浸かって汗をかくようにしよう

ワキガの原因となるのは、アポクリン汗腺から分泌される汗と老廃物です。

ですから、入浴時は湯船やバスタブにじっくりと浸かり、毛穴がしっかり開いて汗と老廃物を分泌できるようにサポートしましょう。

「脇から汗が十分に出たな…」と思ったら、少しぬるめのお湯で汗を流し、殺菌効果のある石鹸で洗い上げます。

シャワーだけでは汗腺に溜まった老廃物を十分に排出することが難しいですから、ワキガに悩んでいる人は面倒くさがらずに湯船やバスタブに浸かる習慣をつけましょう。

投稿日:

手汗が気になったときに即効でできる手汗ケア

握手をしなければいけないとき、書類を持つ必要が出てきたとき、手汗をたくさんかいていると困る場面は多々ありますよね。

そんなときすぐに手汗を止める方法があったら便利でしょう。ここでは、すぐにできる手汗対策について紹介していきます。

ツボ刺激で手汗を抑える

ツボを押すことでさまざまな美容健康効果が期待できますが、手汗に効くツボもあります。

手汗は交感神経の働きが活性化することで大量に出てしまいますので、ツボ押しで刺激を与えて交感神経の働きを抑えるのです。

手汗を抑える効果が期待できるツボのひとつが労宮(ろうきゅう)と呼ばれるツボです。

これは手の平のちょうど真ん中に位置しているツボであり、軽く握りこぶしを作ったときに中指の先端あたりの場所です。

交感神経は緊張が強くなると活発に働きますので、労宮を刺激することで高ぶった交感神経を抑える、つまりリラックス効果も期待できるようになります。

また、合谷(ごうこく)も手汗を抑える効果があると言われているツボです。

手の甲の親指、人差し指の骨がちょうど交差する部分にあります。ツボ押しのコツは3~5秒の間隔でじっくりと力を加えていき同じくらいの時間をかけてゆっくりと指を離していきます。これを3から5回繰り返してみましょう。

呼吸で手汗を止める

緊張が酷いときは、深呼吸をすると気持ちが落ち着いた経験がありませんか。

手汗を止めるのに、深呼吸をするのも大変効果的なのです。
緊張すると無意識のうちに呼吸が浅くなってしまいますが、さらに交感神経の働きを活発にしてしまいます。

深呼吸をすることで、リラックス効果をもたらす副交感神経の働きを活性化して、高ぶった交感神経の働きを抑えるのです。

深呼吸は、背筋をしっかりと伸ばした状態で行います。

お腹を意識しながらゆっくりと鼻から息を吸っていき、もうこれ以上吸えないというところまで息を吸います。
その後鼻から息をゆっくりと吐き出します。

この時もこれ以上吐ききれないというところまで息を吐くようにしましょう。