多汗症とは、暑かったり激しい運動をしたわけでもないのに、多くの汗が出てしまう症状のことです。

ただの汗をかきやすい体質と思われがちな症状ですが、暑いときや運動をした後に体温調節として汗が出るわけではありません。
緊張した場面や興奮した状態のときに、汗がたくさん出る精神的な発汗です。

普段からたくさんの汗をかいてしまうので、日常生活や仕事において支障をきたすなど、生活の質が著しく損なわれてしまうため、この症状が出る人は非常に悩むものです。

多汗症の2つの種類

多汗症には大きく分けて2種類の症状があります。

局所性多汗症

まず1つめが「局所性多汗症」と呼ばれるものです。これはその名前の通り、特定の部分だけに汗が出る症状を指します。

よく見られるケースとしては、手のひらや足の裏、頭、脇、背中などが挙げられます。

また、1カ所だけではなく、複数の場所に同時に汗をかくということもあります。
特に手のひらと足の裏は関係があるとされていて、同時に発汗しているケースも多く見られます。

全身性多汗症

2つめが「全身性多汗症」と呼ばれるものです。

これは遺伝や病気が原因で引き起こされるともいわれていますが、はっきりとした原因は分かっていません。
症状としては胸や背中、おなかやおしり、太ももなどの全身に汗が出ます。

全身性多汗症が関係している病気としては、いくつかの病気が考えられます。

まずは甲状腺機能亢進症です。
甲状腺の機能が活発になりすぎて、甲状腺ホルモンが過剰に分泌されて全身の代謝が高まり、汗が出やすい状態となります。

そして、糖尿病の合併症の一つに、糖尿病神経障害と呼ばれるものがあります。
自律神経が乱れて、全身に汗をかきやすくなります。自律神経失調症も考えられます。

ストレスや過労が原因で自律神経が乱れ、汗が出やすくなる場合があります。そのほかにも更年期障害や結核なども多汗症を引き起こす可能性があります。