多汗症は、普段の食生活によって悪化する場合があります。

まず、多汗症を悪化させる食べ物の代表は「刺激の強い食材」です。

例えば、とうがらしが使われた辛いものや、ニラや玉ねぎがたくさん使われたメニューです。
さらに、コーヒーや紅茶などのカフェインが多く含まれた飲み物も多汗症を悪化させる要因になります。

これらの食べ物が好きな人も多いかもしれませんが、こういった刺激の強い食べ物は交感神経を刺激し、その働きを活発にします。

交感神経の働きが活発になると汗腺の働きも活発になるため、結果的に多汗症の症状を悪化させてしまいます。

他にも、脂肪分が多い食べ物にも注意が必要です。

脂肪分が多いものを好んで食べていると、運動を行うなど注意をしていない限り肥満体に近づいてしまいます。
そうなると、細身の人よりさらに汗をかきやすくなってしまうため、症状の悪化にも繋がります。

また、動物性脂肪を多く含む肉類を食べると、体温の上昇に繋がるため、汗をかきやすくなります。

多汗症にはイソフラボンとハーブが有効!

一方、多汗症を改善する食べ物として、豆腐や豆乳などの大豆製品が挙げられます。

これらの大豆製品に含まれるイソフラボンには、交感神経の働きを抑制する働きがあるため、汗を抑える効果が期待できます。

しかし、大豆製品の食べ過ぎは下痢や貧血など、体に不調をきたすことにもなりかねないため、ほどほどに摂取することがおすすめです。

ハーブ類は、多汗症の症状を改善するために効果的です。

ラベンダーやジャスミンなど、良い匂いハーブはたくさんあり、ハーブティーなどで気軽に楽しむことができます。
これらのハーブ類には、リラックス効果があります。

副交感神経はリラックスすることで働きが活発になるため、結果的に多汗症の症状の改善効果を期待することができます。

また、体が熱いと当然汗の量も増えるため、体の内側から熱を冷ましてくれる「きゅうり」や「茄子」などの野菜もおすすめです。
毎日の食卓に適度に取り入れてみてはどうでしょうか?