握手をしなければいけないとき、書類を持つ必要が出てきたとき、手汗をたくさんかいていると困る場面は多々ありますよね。

そんなときすぐに手汗を止める方法があったら便利でしょう。ここでは、すぐにできる手汗対策について紹介していきます。

ツボ刺激で手汗を抑える

ツボを押すことでさまざまな美容健康効果が期待できますが、手汗に効くツボもあります。

手汗は交感神経の働きが活性化することで大量に出てしまいますので、ツボ押しで刺激を与えて交感神経の働きを抑えるのです。

手汗を抑える効果が期待できるツボのひとつが労宮(ろうきゅう)と呼ばれるツボです。

これは手の平のちょうど真ん中に位置しているツボであり、軽く握りこぶしを作ったときに中指の先端あたりの場所です。

交感神経は緊張が強くなると活発に働きますので、労宮を刺激することで高ぶった交感神経を抑える、つまりリラックス効果も期待できるようになります。

また、合谷(ごうこく)も手汗を抑える効果があると言われているツボです。

手の甲の親指、人差し指の骨がちょうど交差する部分にあります。ツボ押しのコツは3~5秒の間隔でじっくりと力を加えていき同じくらいの時間をかけてゆっくりと指を離していきます。これを3から5回繰り返してみましょう。

呼吸で手汗を止める

緊張が酷いときは、深呼吸をすると気持ちが落ち着いた経験がありませんか。

手汗を止めるのに、深呼吸をするのも大変効果的なのです。
緊張すると無意識のうちに呼吸が浅くなってしまいますが、さらに交感神経の働きを活発にしてしまいます。

深呼吸をすることで、リラックス効果をもたらす副交感神経の働きを活性化して、高ぶった交感神経の働きを抑えるのです。

深呼吸は、背筋をしっかりと伸ばした状態で行います。

お腹を意識しながらゆっくりと鼻から息を吸っていき、もうこれ以上吸えないというところまで息を吸います。
その後鼻から息をゆっくりと吐き出します。

この時もこれ以上吐ききれないというところまで息を吐くようにしましょう。